声優・仲村水希のブログ。 声の仕事や参加ユニットG-s.a.c.での活動を通して、自身が日々感じたことを書いてます☆…最近は完全に自転車改造日記になってるなぁf^_^;
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先日



自分が企画制作しているオーディオドラマの関係者一同で、新木場行ってバーベキューしました☆


素敵なメンバーに囲まれておなかも胸もいっぱいです!


最前列が企画の言い出しっぺ共で、左から伊勢文秀・宮永恵太・仲村水希(本人)

参加してくれた皆さんが後ろにずらり勢揃いしてますが、ご紹介はまた後日で☆





このオーディオドラマのサイト、来月中旬ごろにはオープンする予定です♪




ぜひぜひ見てやって(聴いてやって)下さいね(^O^)




さて



今日は帰ったら、母が差し入れしてくれたフルーツを食べるぞぅっ☆




葡萄・桃・梨・オレンジ・林檎!


フルーツの香りに囲まれて眠るたぁ、今日はハッピーだ(笑)




※添付画像は各役者ご本人の許可をいただいて載せておりますので、転載したりしないでね(^_-)-☆
スポンサーサイト
皆さんこんにちは☆


海外オークションで落札したRedWingのブーツが、税関を無事に(安く)通過してくれてホッとする男、仲村水希です☆


この間は11月の進戯団夢命クラシックスさんの舞台出演の告知を致しましたが、実は10月も一本出ます☆


音楽ボランティアで知り合ったピアニストの鈴木さんに声をかけていただき実現した、朗読と音楽とのコラボレーションコンサート!!


僕は子供の部で、やなせたかしさん原作の「やさしいライオン」を朗読します☆

老若男女楽しめる不屈の名作!
個人的にも思い出深い作品です☆

会場は埼玉県の上福岡というちょっと離れた場所ですが、埼玉・東京にお住まいの皆様は10月29日はぜひぜひ会場へ足を運んで下さい☆


今回はなんといっても生の音楽との融合なので、余計な事は考えずに「本能」で感じ楽しめる内容です☆

これまた事前にメールや電話、コメント等でご連絡いただければ、前売り料金でチケットの手配をさせていただきますので、ご家族ご友人とお誘い合わせの上観劇ご一考下さいね♪



声とオーケストレーションのハイクオリティーな融合

ぜひぜひご覧下さい(^O^)



第3回 チャリティーコンサート La Fiore

~小さな手にあふれるほどの花束を~

今、わたしたちにできること

アーティスト・スタッフ・お客様

それぞれに贈られた神様からの素敵な花

素敵な花々が出会うコンサート…それが「La Fiore(花)」



2011年10月29日(土曜)

子供の部
13時~開演(12時30分開場)

大人の部
14時~開演(13時30分開場)

チケット料金

子供の部
大人は500円
小人は無料

大人の部
前売り1500円
当日 2000円
(小・中学生は900円)

会場:ふじみ野市立 サービスセンターホール
(東武東上線 上福岡駅南口徒歩2分)



出演者

伊藤美有希(バイオリン)
川越ますみ(ヴォーカル)
佐藤久美(バイオリン)
白鳥清香(ジャズヴォーカル)
鈴木江利子(ピアノ)
関根かおり(チェロ)
高橋洋介(コントラバス)
仲村水希(朗読)
長屋真理子(ヴォーカル)
町田佳子(電子オルガン)

CROSS TO YOU
梅地あゆみ(舞台演出・監督)

SPECIAL THANKS
尾上政子
静谷雅人


なお、コンサートで得た収益金はどっかり寄付してくださるそうです☆
皆さんこんにちは(゜▽゜)/
今日も朝から燃焼系、仲村水希です☆


11月に出演する舞台の情報が解禁になったので告知いたします(^O^)


毎度お馴染み【進戯団夢命クラシックス】さんの本公演!

胸躍る歴史エンターテイメントへの出演です☆


脚本も
キャストも
スタッフも

隙のない布陣で笑いと涙と感動のエンターテイメントをお届けします(^O^)

今回僕は【伊達政宗】役での出演!


11月は一緒に新宿で爆裂しましょう(笑)



進戯団夢命クラシックス#11


『Lullaby』

「 眠れ、よひ孤よ 」


■日程■

2011.11.9(wed)~11.13(sun)


■会場■
新宿 SPACE107

〒160-0023 東京都新宿区西新宿1-8-5 アルファ107ビル B2F


■チケット■ 

前売り:3,800円

 当日:4,200円

*今公演は未就学児のご入場をご遠慮いただいております。何卒ご容赦下さい。

■キャスト
玉城裕規(株式会社 bamboo)
太田達也(進戯団夢命クラシックス)
山本タク(エレキ隊/Afro13)
桜田航成(オフィスクロキ)
藤崎ルキノ(まくびープロ)
笹岡幸司(進戯団夢命クラシックス)
秦野敦崇(愛伝一家(SPD)/しげっちん企画)
こやまきみこ
程嶋しづマ(ケッケコーポレーション)
塩崎こうせい(X-QUEST)
サイショモンドダスト★(ポップンマッシュルームチキン野郎)
仲村水希((株)ぷろだくしょんバオバブ)
住吉屋力
鷲尾直人(7millions-ナナミリオンズ-/開店花火)
野田麻未
和田亮一(PEACE/エムキチビート)
高橋かおり(進戯団夢命クラシックス)
舞原鈴(進戯団夢命クラシックス/(株)ぷろだくしょんバオバブ)
橋本仁(スパーツ・プロデュース)
渡部忍(SOS Entertainments)
加納春奈(ホーリーピーク)
岩切チャボ(進戯団夢命クラシックス)
伊藤マサミ(進戯団夢命クラシックス)
林田寛之(ロストキッズ)
水瀬真矢香(進戯団夢命クラシックス)

コロス(アンサンブル)

宮城剛
石田夕理
東千乃
島谷結貴
金村香織
黒羽保((株)ぷろだくしょんバオバブ)
鎌田英幸


■Story■
天正11年。
「賤ヶ岳の戦い」に於いて大義を得た時の大名、羽柴秀吉(豊臣秀吉)は、怒涛の勢いで隣国を手中に収め、天下にその手を掛けんとしていた。
しかし、激動の時代に生きる各国の猛者たちは、未だ「天下」を諦めたわけではなかった。
揺れ動き、嘆き、儚くも美しく燃える戦乱の世…
その中に、己が信念を崩さず、真っ直ぐに進む男がいた。

力を重んじ、ただ己の為に生きる男。
やがて天下にその名を響かせる大泥棒、石川五右衛門

理を重んじ、ただ誰の為に仕える男。
今はその正義を貫き、あらゆる悪を掃討し歩む孤高の武将、石田三成

信念はやがて衝突し、時に並列する。

世はまさに、華も血とけぶる戦国乱世。


■クラシックス×戦国■
天下の大泥棒・石川五右衛門と、豊臣秀吉一の重臣・石田三成を題材に、激動の安土桃山を新たな視点で描く歴史エンターテイメント作品。
歴史上の人物からは豊臣秀吉、徳川家康、服部半蔵、島左近、真田幸村、直江兼継、茶々、甲斐姫、加藤清正、黒田官兵衛、前田慶次、等…と、他にも様々な有名武将、大名が一同に集結!
かつて有りし各国の天下取りレース。
その先に待つ激震の関ヶ原を、かつて無い角度と美しさでLIVEする。

進戯団夢命クラシックスが送る、英雄たちへの子守唄。






最近ずっと考えてました




日本の演劇は



声優という仕事は




エンターテイメントは社会に対して効果的か否か?





今回の作品はきっとこう信じさせてくれるはずです





芝居は社会に対し【効果的】なツールだと。






確固たる一つのエンターテイメントのカタチをぜひその眼で観てください!
昨夜のこと

帰宅途中に路上でなーなー鳴いてる子猫(三毛猫)に遭遇しました。



腹減ってんのかな?

そのにゃんこがあまりに可愛かったからってのもあるんだけど、おにぎり(ツナマヨ)を思わずあげてしまいました。


まぁ~勢いよく食べる食べる(笑)



良かったね♪じゃあね☆


と、歩き出したらなんとその子猫もなーなー鳴きながら着いて来るでやんの!!?



か…か…かわいい!!




完・全・に
ほだされてますね(笑)

今なら猫を拾ってしまう人の気持ちが良くわかるf^_^;


でもうちはにょ様いるしなぁ…
二匹は無理だよなぁ…


昨夜は思いを振り切って帰ったけど


気になるなぁ。。。。。





さて


話はかわりますが、僕はよく【リファレンス】をする人間なんですね~。


リファレンス…照らし合わせるって事。


ドラマCDつくるなら良質なドラマCDを聴いて、脚本の構成や整音の方向性、SE・BGMのタイミングやボリューム、各役者の芝居の方法論といった事を研究する。



世の中にあふれてる良質な作品達は、実に良いリファレンス材料なんです。


面白さの秘訣

感動の理由なんかが詰まってるわけだもんね。


参考にしない理由がない。

現在の流行もわかるし。
これからの流行も予測できる。





さらにものづくりで方向性に迷ったらまずリファレンス。
現在の自分との差異を明らかにする事で修正点が明確になり、大概良い方向へ変われるようになる。


余計なものが抜けて純度が増すのかな?

まぁ、その余計なものが大切な時もあるけど。



基本に立ち返る事ができるし、正しく努力できるようになるんだよね。




がむしゃらにやるのも大事






でもただがむしゃらなだけじゃだめ。





効率的に進化しなきゃね。





さて、明日も忙しいや。
楽しみながら頑張ろ☆
皆さんこんばんは


Mr前向き太郎、仲村水希です。
むしろムキムキ太郎です。




そういえばこの間【ドラえもん】で【ムキムキ男】って役もらったなぁ。

ついに俺もバオバブのムキムキ担当になったのかしら?
望むとこです。

最高の

至高のムキムキを提供しますぜ。


さて


だいぶblogが滞っておりましたが、僕は暑さに負けずに元気してます。



収録行ったり



デイサービスへ朗読しに行ったり



ゲーテの朗読コンテストに出たり



自分の企画制作しているドラマ収録したり演出したり


毎日いろんな現場で『表現』と格闘し


諸先輩方やそこで出会う様々なフィールドの方に刺激をうけ



多角的に表現を学んでいます。









最近だと

先週のゲーテの朗読コンテストは本当にいい勉強になった。



決勝で皆さんが卓抜した朗読をするなかで、僕だけ『戯曲』を演じてた。


詩の朗読は

『詩の作者がそれを書いた時に感じていた思いや体験を、自らと聴く人にリアルに【追体験】させ、その体験を通して得られた真理やたどり着いた答えを共有する』ことに、素晴らしさがあるんじゃないか?

とか考えてましたが




今回のコンテストで【朗読】の粋はそこじゃないんだと腑に落ちました。



それは



素晴らしく良い響きの声でも


卓抜した感情表現でもない








やはり【間】こそが詩の面白みの真髄なんですね。






確かに他の出場者の皆さんが【朗読】する中で



自分一人シェークスピアだったなぁ(笑)





そりゃダメだよね。



朗読も根幹は芝居と同じなんだなぁ。







押し付けちゃだめ







心に染み込まなきゃ。








多いに実りある敗北をありがとう☆
多分勝利からはこれは学べなかった。



本当に感謝してます。



ありがとう!!!!!








さて、自分のblogにアクセスしたのも久しぶり。





いくつかコメントもいただいてましたね!

ご…ゴメンなさいいいぃ!!
お返事遅くなっちゃいましたね(:_;)



時間作って地道に返事していくので、どうか気長に待ってて下さいo(^-^)o









さて、






企画制作してるオーディオドラマに使用していた機材が一つお亡くなりになったため、急遽導入した新たなるインターフェース【M-AUDIO PROFIRE 610】




音響機材に興味ない方にはまったく面白みがない記事なので、興味なければスルーしてください(^O^)






このPROFIRE 610は
同じくM-AUDIO社の名機FIREWIRE410の進化型なんですね~。

発売してまもなく三年くらいかな?



ヤフオクで『二年ほど使ってない状態が続いたから出品します』ってのが出てて、勢いで落札。




本日手元に届いたので、早速動作確認。

ドライバのインストールも滞りなく完了し、本体もしっかりPCに認識されてました。





今日はドラマの前半部分を整音していたんですが




まぁ~音の解像度の高いこと高いこと。




FIREWIRE SOLOでもそこそこ十分な音像だったけど、こいつはレベルが違う。



細かい音の再現力もさることながら、パンニングや奥行きが手にとるようにわかる。

音の場所が見えるんだよね場所が。
ヘッドホンなのにどこで鳴ってるのか解っちまう。

すごいね最近のモバイルインターフェースは。


頼もしい限り。







シーン全体のノイズをリダクションして、EQで不要な帯域をカット。
さらにシェルビングEQで8kHzあたりから上をブーストしてからノーマライズしてLimiterかます。



案外これで音決まるんだよなぁ☆



だいぶEQ使えて来た。



やっぱやるとわかってくるね。


何事も実行せにゃ。





この調子でばんばん整音すっぞ☆





今録ってるドラマは、11月くらいには特設サイトをオープンして、そこで聴けるようにしますのでぜひぜひ御注目下さい(^O^)

そしてそして!




10月にチャリティーコンサートでのオーケストラ生演奏に乗せた朗読。



11月9日~13日は新宿スペース107で舞台出演(いつもご好評いただいている、僕の大好きな団体です☆)


12月は四ツ谷天窓でホーリーな朗読劇







まあ盛り沢山です(^O^)






ぜひぜひスケジュール都合つけて観に来てください☆



めちゃめちゃ元気出ますぜ(^_-)-☆






よし





帰ってルパン観よ(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。