声優・仲村水希のブログ。 声の仕事や参加ユニットG-s.a.c.での活動を通して、自身が日々感じたことを書いてます☆…最近は完全に自転車改造日記になってるなぁf^_^;
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
僕が敬愛する演出家の一人に、中津留章仁さんという方がいます。

まだ自分がバオバブの養成所生だった頃、職場で知り合った先輩。


背が高く


ユニークで


何より目がでかい



怖い人なのかな?と思えば案外優しくて



一見軽そうに見えながら芝居づくりに対しては実に誠実




まだ舞台というものをまったく経験したことのない、素人同然だった自分に【芝居】ってモノを身を持って教えてくれた恩人だったりします。


…あの頃の自分はひどかったなぁ(苦笑)


発声以外は知識も技術もゼロのくせに欲しがりで、ビビりでシャイで…


その空間での在り方なんて全くなっちゃいなかった。

振り返るとホント恥ずかしい。。。

自然体でいられなかったし、ダメもらった時自分なんでダメなのかの【何故?】をまったく咀嚼していなかったんですよね。



トラッシュのあの公演から学んだ事は数多いです。





その後様々な舞台に出演し続け



事情あって声優休業し



復帰してまた舞台に立って



映像の仕事やってた時に世話になった事務所の社長がつるさん(中津留さん)の旧友だったりしてf^_^;



なんか…あっという間だったなぁ。。。




そんな先輩中津留章仁さんが社会に送る強烈な想いが込められた舞台【黄色い叫び】



お時間ありましたら皆さんもぜひ一度ご覧になって下さい。




当日パンフにはこんなメッセージが書かれているらしいんですが実に彼らしい。
中津留氏のblogにアップされてたので、転載させてもらいました(^O^)






この「中津留章仁LOVERS」というカンパニーは

私と若手俳優によるユニットであり

去年の10月に一回目の公演を行い

12月に2回目、そして今回で3回目になる。

こんな時期だけに

公演を行うか辞めるか、そこから考えて

やると決断してからは

それまで考えていた話を捨て去り

新しく物語を構築しなおした。

そもそも芝居自体、無駄な電力を使う訳で

やる意味がないものは辞めた方が良い。

むしろ辞めてくれた方が有り難い。

そういったものをやられても

芝居の、演劇の品格が下がるだけだ。

つまりこういう時だからこそ

作家の魂と、その真価が問われるのだ。

望むところである。

我々のような仕事は一見

人々の生活と身の安全があった上で

最後に成り立つ職業のように思えるが

被災地での子供たちはきっと

画用紙がなければ大地に絵を描き

音楽がなければ自ら歌を口ずさむ。



道具がなくても

ままごとなどのごっこ遊びを始める。

例え住む家がなくても

明日に不安があったとしても

人は芸術に触れられずにはいられない。

心を豊かにしようとする営みを忘れない。

私の敬愛する岡本太郎氏が唱えている通り

芸術とは生きることそのものであり

人間らしさを取り戻す最善の行為だと

私は信じている。

今回沢山の方々が被災し、お亡くなりになられたが

彼らを弔う気持ちと共に

生きている我々が今、彼らの分まで

人間らしさを取り戻さなければならない。

「生きる」ということの意味を知らねばならない。

結局私の一生など

それを探し求めるだけの旅で終わってしまうのだろう。

そう、この芝居は私の日記だ。

観る者の血よ、騒げ。

この芝居を、東北地方太平洋沖地震で亡くなられた方々

並びに被災した全ての方々に、捧げる。

中津留章仁







強く共感しますわ。

彼は口だけじゃなくいつも期待に応えてくれるし。





衝撃ですよ


生きるって事を考えさせられます





お時間あればぜひぜひ

自分もスケジュールとにらめっこっすよ。

中津留章仁 Lovers Vol.3「黄色い叫び」@ワーサルシアター[八幡山]




出演 阿部薫[TRASHMASTERS]
粟島瑞丸 

大友陸 
浦島三太朗[昭和芸能舎]
清水和博 
堀内英二[劇団K助] 
山口オン
玲望
向井康起

星野卓誠[TRASHMASTERS]
会場

ワーサルシアター
http://worsal.com/theater/index.html
京王線八幡山駅 徒歩1分

チケット

料金/全席指定 3800円[当日 4000円]

projectDREAMER http://www.projectdreamer.com


タイムテーブル

2011年4月13日(水)~4月24日(日) 全15ステージ
13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24
水 木 金 土 日 月 火 水 木 金 土 日
14:00 ★ ★ ★ ★
19:00 ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
開場は開演の30分前。未就学児童のご入場はお断りしています

スタッフ

音楽:高畠 洋
舞台美術:福田暢秀 
照明:宮野和夫 
音響:佐藤こうじ 
舞台監督:白石 定 
宣伝美術:中塚健仁 
写真:HALUKA
制作:小畑幸英


協力

レプロエンタテインメント
ギュラ
演劇集団スプートニク
ai-kata
昭和芸能舎
BESIDE
劇団K助
スターダストプロモーション

企画・製作

ラストクリエイターズプロダクション






スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mizukinakamura.blog105.fc2.com/tb.php/584-82b5d17a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。