声優・仲村水希のブログ。 声の仕事や参加ユニットG-s.a.c.での活動を通して、自身が日々感じたことを書いてます☆…最近は完全に自転車改造日記になってるなぁf^_^;
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
俺の大好きな音源メーカーであるBest service社が

shevannaiというエルフ語のライブラリを出したらしい!


海外の本家サイトで最近ダウンロード販売を始めたから、国内でパッケージ販売するなら来年頭かなぁ?
海外の方が安いから多分あっちで買うけど(笑)



日本じゃまだ誰も注目していないだろうけど、デモを見る限り素晴らしいクオリティの声素材。

神秘的なサウンドスケープも数多く、映画やドラマCD.ネイチャー系のTV番組BGM制作に大活躍しそうなライブラリです(。-_-。)




アンビエントよく作るし、余裕があれば導入したいなぁ(*^_^*)
Forest Kingdomとの組み合わせが楽しみ☆




アートの領域に打ち込む場合





自身の目指すテイストに特化することが大事なんじゃないか?
って最近思うようになってきました。





それは




それ以外のもの排除するという意味ではなくて





基本を丁寧に磨き






様々なジャンルの表現に触れ



それらのエッセンスを自分の中に取り込み、昇華した上で、自分の目指すスタイル
極めたいスタイルに、それらを応用していくって事。




何かに究極的に特化している人は他のジャンルでも、必ず独特の色や香りを放つものだからです。




ロックを極めた人が作る映画音楽




オーケストレーションを極めた人が作るダンスミュージック



ヒーリングを極めた人が作るチルやハウス





そりゃあ違うジャンルだからそれらを自身の【ネイティブランゲージ】にしているクリエイターの作品よりは、専門性に欠けるかもしれない。



でも



なかなかに味わいがある




スペシャリストが真紅を彩ってる反面


別ジャンルのスペシャリストがそれを描くと、場合によっては滲んだ赤だったり、ラメ入ったり


蛍光色とか、光当てると色変わるとか



独特の個性がでてくるものなんじゃないかな??





劇伴やゲームミュージック



ロックやsoul.R&B、フュージョンなんかもやりたいけど



シネマ系楽曲を極めたいなぁ (。-_-。)





基本を学びながら





いろんなジャンルに触れ




エッセンスを取り込み





新たなアウトプットに応用したい(*^_^*)





そうそう




今日、米子で開催される映画祭



第三次米子映画事変 『3分映画宴』

9月28日(土)19:30~22:30
会場:DARAZ CREATE BOX
(米子駅のすぐ近くみたい)



にて
全国から選ばれた、3分以内の映画×33作品が一気に上映され、
その場で受賞作品が決まるんですが



この33作品のうち、3作品が
お世話になってる映像作家であり俳優の
高瀬秀芳さんが脚本監督した作品です。






その作品の楽曲をいくつか僕が作編曲しています。(*^_^*)

料理番組のジングルとか(^^)




監督の高瀬秀芳さんは、映画祭出席のため朝から西へ飛んでいるんだそうな(^^)





お近くにお住まいの方は行ってみてください(*^_^*)

なかなかに面白いですよ☆





ここからはコメントのお返しです^_^



えりさんこんにちは

えりさんも夏生まれなんですね(^^)


いいですねぇ


いいよぉー^ - ^
なぜか湧き上がる親近感(笑)

生まれが近いと嬉しくなります☆
故郷も隣県ですし🎶

仲良くしてやってください(*^_^*)



東京は夏の終わりに差し掛かり、次第に秋めいてきました。

昨夜あたりから急に冷えてきて、夜なんか寒いくらい!

自転車移動がメインの僕は、上着必須です^_^

金沢ももう涼しくなったかな^ ^



スポーツの


食欲の


芸術の秋



綺麗なものをいっぱい観て



美味しいものいっぱい食べて



心の栄養いっぱいとりましょう(*^_^*)















みなさんこんばんわ




やー



ブログ書くのめちゃめちゃ久しぶりです(^◇^;)

僕はしっかり生きてます!
ご心配なく!!



ここしばらくは収録やら


年末のミュージカル用の作編曲


11月に声優の永田昌康さん(通称シュウさん)と演る朗読の打ち合わせ


さらには、青山円形劇場で上演したマサミ演出の舞台で流す、テーマ曲と挿入歌のRecをうちのホームスタジオで行ったり

いろいろあって自分の英語版ボイスサンプル作ったり(笑)

それなりに忙しく活動しておりました。



もっと芝居も音楽も研究したいんなぁ



時間増えないかしら(笑)



さて



先日、僕の愛読書 DTMマガジンのサイトを見ていたら、驚愕のニュースが。



藤巻浩さんのお気楽道場が


復活…だと!?




事件だ!



毎月楽しみに読んでるDTMマガジンの過去の人気コーナー
藤巻浩のお気楽道場
が今まさに不死鳥のごとく復活!?



これはやるしかないっしょ!



勉強始めたころには企画が終わっていて、参加できず残念な思いをしていたからこれはほんっと嬉しい(≧∇≦)




今年から来年は勝負だし


まずインストでいこう

自分が一番やりたいのは芝居やドラマCDのサントラだし。

来年からは歌モノも作るけどまずはインスト^_^



おっしゃー!



さぁて何を送ろう?


先週、インスピレーションだけで2時間たらずで作編してしまった【月笛 】か?


候補は他にも




今日もいつもの公園で

想うだけなら

鏡のなかの真実


雪望


僕らが伝えてゆくもの


胎動~footstep of fear


Little Friends


Ki.Zu.Na





あたりブラッシュアップして投稿してみたい。



とか悩んでいたんですが、このコーナーの復活があまりに嬉しく、翌日さっそく【月笛】を送ってしまいました(爆)



しかしここで凡ミス発覚。



完璧に仕上げたトラックを送るはずが、あまりにお気楽道場復活が嬉しすぎて、テンションあがりすぎてしまい

ミスってメロディのバランス調整前の2mixを送ってしまったのであります。。。







嬉しすぎて(^◇^;)



月に一曲、一回しか投稿出来ないからやり直しが効かないのが悔しい。


あぁ




来月はもっと泰然自若とかまえ、ちゃんとマスタリングした曲を送ろう。


もうプロット立てたし、頭の中で音は鳴ってる。



ちなみに画像は上が月笛2mix

下がひとまずマスタリングを終えたトラック。


質感は整えたんだけど、正直あと2段階はリミッティング出来るなぁ。

でも悩む




月笛 は




自分の中で月のイメージ



希望、絶望、神秘、官能、陶酔、回帰、再生、変化、太古、自然との対話・同化。

それらをテーマに作編曲したトラック。


自分のポエトリーリーディングや

制作するオーディオドラマ

ネイチャー系のTV番組のナレーションの後ろで流すBGM

あたりに使えるように、ちょいアンビエント気味に作った。



この手のジャンルはあんまり音圧がつがつ上げないほうが、セリフやシーンを邪魔しないんじゃなかろうか?
人の楽曲をリファレンスしても、ロックやポップスみたくがっつり音圧上げずに


クラシックやピアノ曲のさに近いくらいのダイナミクスで良い気がする。



そのあたりどうなんだろ?

正直、聴感上はこれでも充分心地よく響く。

舞台とかならモニターの出力凄まじいから、ある程度のレベルでバランスさえよければイケると思うし、オーディオドラマで使ってた曲はだいたいこれくらいだった。


自分があまり派手な出音を好まないからなんだよねこれ(^◇^;)





ピアノソロ曲のミックス、マスタリングも同様に悩むんだよなぁ(^◇^;)



研究して研究して


試して、失敗して、理解して



少しづつ上手くなる



そういうものなのかも。



ともあれ

藤巻先生のお気楽道場

楽しく学ばせていただきます(≧∇≦)




ここからはコメントのお返しです☆


えりさんお久しぶりです。


誕生日にコメントくださるなんて…ありがとうございます^ ^

今年の誕生日は半日作曲でこもっていましたが、その前後、沢山の仲間に祝って貰えました。

僕は幸せものです(≧∇≦)

いくつになってもお祝いされると嬉しいものですよね


僕は運動もするからか、とても汗っかきなんですが

友人の話では

暑い時期に産まれた子は、汗腺が多くなり、結果、汗っかきになるんだそうです。


もはや夏生まれの宿命ですね、汗っかき(^◇^;)


えりさんは誕生日いつですか?
お祝いしたいなぁ(^O^)


最近、東京はようやく涼しくなってきました。

このまま秋に突入ですね。


美味しいものいっぱい食べて


綺麗なものにいっぱい触れて


リフレッシュしながら自分の感性を養いたいなぁ^ - ^





みなさんこんにちは(*^^*)



ようやく東京も梅雨明けし、夏真っ盛りです☆



夏生まれの僕は7~9月くらいが1番心身が満ちる時期なんです。



最近元気有り余ってるなぁ(笑)

愛車のあゆみちゃんで走り回りたいっっっ!!


今日は失敗について書いてみます。




失敗。





誰にだってありますよね。


大なり小なり




多かれ少なかれ




失敗って実際に直面するとものすごく落ちこむし


気に病むよねf^_^;)




でも


失敗はその経験から多くの気づきや教訓を与えてくれます。


次は同じ失敗しないように!

って



イギリスの作家ゴールドスミスはこう言っていた


わたしの最大の光栄は一度も失敗しないことではなく、倒れるごとにおきあがることである。



素晴らしい考え方だ。



失敗はだれの前にも存在する。



でも


失敗ってのは何かを成そうとする過程であり結論じゃあない


失敗から多くを学び成すべき事を為すために正しい努力をすればいいんだと思う。


だから


失敗を恐れずにいこう。


怖がる必要はない


恐れは恐れの中にしか存在しないんだ


だから失敗を怖がらなくていい。



もっと気を楽に



リラックスして




楽しんで生きなきゃ(*^^*)




ここからはコメントのお返しです。






えりさんこんにちは(*^^*)


雨に降られて少し体調崩しちゃったんですね。

大丈夫かな??


ゲリラ雷雨も突然きますし、


外は蒸し暑いのに、電車や建物の中は空調の関係でむしろ寒いですもんねf^_^;)


なかなか体調管理が難しい季節です。


七夕、楽しく過ごせたようで何よりです(*^^*)

たとえ空が雲で覆われていようと


夜空の星々は確かにそこに在る


でも、実際に綺麗な星空だとよりロマンチックでいいか(笑)

来年は綺麗な夜空を見られるといいですね(*^^*)

僕は昔っから本は好きなんです。


ただ、先日お話ししたようなジェームス アランさんみたいな哲学者っぽい書籍が多いので、好き好き別れそうですね~



でもジェームス アランの書籍はとっつきやすいですよ☆
Amazonでかなり安く買えますし(笑)



多くの哲学者の方は「人生」を真剣に考え、その思索と経験から得たものを書き残してくれています。


お硬いこと書いてるのかなぁと思われるかもですが

実生活に当てはめて応用できる


納得できる事がたくさんあって面白いし、勉強になります。

先人の経験から学ぶとこはやはり大きいです(*^^*)


こうやって何世紀もかけて、人は本当の真理に少しづつ近づいているのかもですね。



「僕らが伝えてゆくもの」もぜひ聴いてみてください(*^^*)



今、Blogに自分の曲貼っていこうか考え中です。


貼り付けるならmp3とはいえ


現状無料サーバーのため、容量がすぐ限界に達しそう
ですがf^_^;)


ま、

限界きたらきたでその時考えようかと(^_-)-☆


今日は仕事で横浜です(*^^*)


暑いけど


水分とって頑張るぞっ(*^^*)
先日作編曲した新曲


「僕らが伝えてゆくもの」






朗読・ポエトリーリーディングなどでいつもお世話になっている、ボーダレスアートノーラインさんの視聴ページにアップされました(^_-)-☆


作・編曲・演奏・ミックス・マスタリング

全てを僕がやってます(*^^*)



JR東日本のCM曲を作るつもりでイメージを固め


親から子へ


師から弟子へ受けつがれていく想いをテーマに作曲しました(*^^*)


久しぶりに癒し系の曲を作ったから楽しかったなぁ☆



ぜひぜひ聴いてみて下さい〓


ボーダレスアート http://kntmusic.seesaa.net/article/368654130.html





最近は楽曲制作や稽古の合間に、ジェームズ・アラン氏の書籍をよく読んでます。



自分くらいの年齢になってから読むと、なかなかに面白い内容でついつい読みふけっちゃうんだよね~。


生きる意味とか



自己の在り方とか





本物の愛情や優しさを探求する男としては、考えさせられる内容です。




どれだけ自分を律すれば大切な人達を幸せにできるんだろうか?



どれだけ自分の我を削れば、優しくなれるんだろう。





一歩一歩丁寧に自分を直していくしかない




すこしづつでいいから着実に魂の角を削り

まあるい心になりたいな。
みなさんこんにちは




梅雨もあけ



あゆみちゃんにまたがり走り回りたいものの



ゲリラ雷雨を警戒し、なかなかフットワーク軽く走れずもどかしく思う 仲村水希です。





先日



俺が勝手に師と仰ぐ先輩に面白い記事を紹介されました。


短いブログなので興味があったら読んでみてください

路上生活から名門校へ
http://spiritualismjp.blog.fc2.com/blog-entry-503.html


簡単にまとめると、


アメリカのデイビット・ブーン君という高校生が
14歳のときに地元の不良に「仲間になるか、敵になるか」を迫られ、仲間になるのを断ったところ

盛大にキレた不良たちに自身の家まで破壊され


貧しかった彼の家庭は家を建て直すことも出来ず


一家の家計を支えていた母親とは、施設に入れる人数の関係で一家バラバラに。


ブーン君は時には公園や路上生活をすることになった。


14歳でたった一人路上生活をするハメになるのだが彼は



「人生、いくつかの逆境が襲ってくるもの」と達観しており



現状を打破するためには、しっかりと勉強し、大学へ進学することが必要だとブーン君は考えた。



その際


「絶対に泣かない」


と心に決めていたそうだ。




路上生活をしながら真面目に勉強する彼の生活態度に、周囲の人間も徐々に心を動かされ

少しずつ食事や寝床などを援助してくれるようになり


結果


ついに彼はハーバード大学へ進学するに至った。






もし現状何か自分の力ではどうにもならないような逆境に直面し苦労している方がいたら、
是非このブログを見て欲しい。





痛みなくして




逆境なくして成長はないということが良くわかる。




このブーン君の人生にはいくつかの選択肢があった。




その1

キレると他人の家まで破壊するような不良たちの仲間になり、アウトローとして生きる人生




その2

家を壊された後、盛大に落ち込み一生をその暗闇に囚われたまま嘆き生きる人生 。




その3

逆境に耐え、なにくそ!と歯を食いしばりながら立ち向かい強く生きる人生。





ブーン君の場合は歯を食いしばり生きる!を選んだわけなんだけど

結果として彼はハーバード大学という
アメリカ屈指の名門大学に入ることが出来た。


相当真面目で努力家なんだろう。



もちろん不良に家を壊されない人生という
「もしも」な可能性もあるが、


実際に壊されているし


そんな「もしも」は考えるべきでないし




彼自身が選んだ選択肢はとても立派だと思う。




おそらくはブーン君は相当に霊格の高い魂の持ち主なんだろう。


自分だったら多分こんな強い選択は出来ないんじゃないかと思う。




参照させて頂いたブログにも書いてあったけど





人生とはある程度「長期的」に見る必要がある





長期的に見るならば彼の人生において



「不良の仲間になる」


のと

「ハーバード大学に入る」


のとどちらが良いだろうか?


この点だけを見れば、後者の方が彼の人生にとっては良いのは明白だ。



確かに家を壊され、家族がバラバラになり、
14歳から路上生活まで強いられる人生は相当ヘビーだけれど



逆に言えば



それがあったからこそ、彼はハーバード大学に入れるほど勉強したのかもしれない。



逆境にたたされたことで多くの教訓を学ぶことができたのかもしれない。




先輩がおっしゃっていたんだけど、大作曲家と呼ばれる人たちには苦労人が多い。

名優と呼ばれる人もそうだ。




大切なことは何があっても


「なにくそ!負けてたまるか!」

「これも人生勉強」


と考えて暗くならないことなんじゃないかな?


そう切り替えるのは相当大変だし、苦しいし、勇気もエネルギーもいるけど


人生とは短期的に見ちゃあいけない。



何か自分の人生において厳しい環境が訪れたとき


自分の力ではどうにも出来ないと思うほどの逆境にたたされた時


それは自分自身を大きく成長させるチャンスなんだと思う。



嘆き

落ち込み


涙を流し打ちひしがれるだけなら誰でも出来る




歯を食いしばり

そこから立ち上がることで人は大きく成長する。





多分人生とは

「何が来ても喜ぶべきもの」

なんだろう。




不良に家を壊されて、家族はバラバラ、14歳から路上生活なんて、まったくもって喜べないけど


前述のブーン君は悲劇に遭わなければ、必死で勉強しなかったかもしれない。


彼の人間性もそこまで磨かれなかったかもしれない。


全部終わった結果だけを見れば
短期的に見れば超絶マイナスだろう(爆)




でも




長期的に見ればすごいプラスになったと思う。





そう考えると



「不良に家を壊されて、家族はバラバラ、14歳から路上生活 」という、彼の人生に起こった出来事は悪いことだろうか?





思うんだけど



「良い」「悪い」というのは単なる主観でさ。



立場や視野を変えれば簡単にひっくリ変えるものだと思う。



「あのつらい時期があったからこそ今の自分がある」という経験は多くの方にあると思うけど



やっているときはつらくても、
それが終わって人生を振り返ってみると

「あの時つらい思いをしておいて良かった」とか

「あの時の経験あるから今の自分がある」というような事は誰にでもあるはずだ。



つまり



今がどれだけ悲惨でも


それが「良い」か「悪い」かは短期的な視野のみで決めることは出来ず



もし嘆いていたり


暗い気持ちでいるんなら



それに負けずに立ち向かえば未来は明るいから頑張ろう‥て事


可愛い子には苦労をさせるし、大きくなれば旅にも出すけれど


例え本人はその苦労をつらいと思っていても、
成長するための必須条件なんじゃないかな?



スーパーで母親にお菓子を買ってもらえずに泣き叫ぶ子供も


ブーン君のような目に遭うのも


人間としての能力や人格の成長にはどうしても必要な試練なんだ。





子供の我侭を全部聞いて、悪いことをしても一切叱らずに、欲しがるものを全部買い与え


ただひたすら甘やかすだけの親は良い親とは言えない。




人生を長い視野で考え


何が起こっても前向きに生きる人間は
僕がこれまで出会った中では例外なくみな強い人間ばかりだった。



眩しいほど輝いて見えた。



素晴らしく魅力的な人たちばかりだった。








現状に嘆いて、後ろ向きで暗い人生を送るくらいなら

何があっても明るく前向きに生きる人生のほうが得なような気がする。





生きれば生きるほど


人生の奥深さや試練とからくりに驚かされる。







ここからはコメントのお返しです(^^)



えりさんこんばんは


七夕



東京はめちゃめちゃ晴れました☆




天の川はよく見えませんでしたが、星にかけた願いは、すこしくらい天に届いたかなぁ‥なんて。

えりさんのお住まいのあたりは晴れだったかな??

良い七夕を過ごせたなら幸いです(*^^*)



今朝は友達とバーベキューだったんですが、




まー



暑い暑いf^_^;)



着替え持っていくべきでした

水鉄砲で遊んだし(笑)



テレビによると

今年は1000年に一度の猛暑らしいですよf^_^;)



1000年て‥ねぇf^_^;

今年も水分補給しっかりしなきゃですね!



世界のキッチンシリーズの
ソルティ・ライチ飲も(*^^*)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。